通勤電車の中でゲームを止めて読書をするだけで上位10%に入れますよ!

こんにちは、のすけです。

 

皆さんの中には、電車で毎日通勤しているという人も多いでしょう。

 

 

全国の平均通勤時間は約1時間と言われています。

東京はさらに高く80分ほどだそうです。

往復では160分、およそ3時間ですね。

驚くべき数字ですよね。

1年で考えると、およそ720時間も通勤時間につかっていることになります。

 

約1か月ですよ。

 

1年のうち、約1か月は職場への移動に使っているんですよ。

こう考えるとなんか恐ろしいですね。

 

働く場所を変えない限り、毎日この移動時間は変えることができません。

その時間をどう使うかによって、あなたの今後の人生に大きく影響を与えるでしょう。

 

 

あなたは普段電車で何をしていますか?

 

上記のように、東京で働く人々は往復で平均一日3時間ほど移動につかっています。

 

さて、普段あなたは通勤の電車の中で何をしていますか?

 

試しに通勤電車内を見回してみてください。

ほとんどの人がスマホで何かをみていますよね。

 

東京の通勤電車はどうしても混雑するため、周りの人との距離がかなり近くなってしまいます。

そのため、スマホで何を見ているかというのが自然と目に入ってしまいます。

(決して覗いているわけではないですよ!!笑)

 

そこで分かったのですが、

 

ほとんどの人がゲームをしています。

中にはニュースサイトやブログ記事等読んでいる人ももちろんいますが、

ここ数年電車にのっていてびっくりしたのが、

思いのほか皆さん電車でゲームをしていたことでした。

 

もちろんゲームをするのは悪いことではありません。

仕事のやる気が出ない中、気分転換にゲームをしたり、

仕事で疲れている状況の中、気持ちを休ませるためにゲームをしたり。

 

しかし、

もし、あなたになりたい夢がある!やりたいことがある!

という状況であれば、この通勤時間にやるべきことはなんでしょうか。

 

 

ゲーム?

 

 

違いますよね。

このどうしようもない時間こそ勉強につかい、自分を高める時間ではないでしょうか。

 

通勤時間に勉強するメリット

 

良くも悪くも、通勤時間というのは毎日ほぼ決まっています。

 

どんなに朝早く会社に行こうが、残業で家に帰るのが遅くなろうが、

通勤時間は毎日一定です。

 

ということは、毎日決まった量の勉強時間が確保できるということです。 

 

仮に毎日電車に乗っている時間が40分あるとしましょう。

ということはいくら仕事が長引こうが毎日40分は自分のために使える時間が確保できるということです。

40分間でも1か月で800分≒13時間、

1年間で160時間、

160時間何か一つのことを勉強していれば、それなりに専門的なことは学べます。

今僕が勉強している基本情報技術者の資格試験だって受かります。

 

通勤電車内での効果的な勉強方法とは?

 

とはいいつつも、通勤電車って基本的に混んでたり、座れなかったりで、

満足に本を読んだりってなかなかできないですよね。

 

そんな通勤電車内での勉強におすすめなツールが2点あります。

 

1.電子書籍

以前「Kindle買ったら読書生活が捗りだしたよ!! - いのぶろ」でも紹介しましたが、通勤電車の中でも、電子書籍ってすごく読みやすいです。

片手で簡単に読めるし、ページをめくるって動作も必要ないんですよね。

そのため、狭い場所でも挙動が大きくなることがありません。

毎日重い本を持ち歩く必要がないのもうれしいですね。

 

 

2.オーディオブック

これは僕も最近使い始めたんですが、ものすごくおすすめです。

混んでいる電車内でも、ただ聞いているだけなので、邪魔にもなりません。

Febeなんかビジネス書や語学のラインアップも豊富なのでとてもおすすめです。

興味がある方はぜひ一度覗いてみてください。 

 

 

通勤時間を「毎日ある無駄な時間」ととらえるのではなく、

「毎日確実に確保できる勉強時間」ととらえ、日々精進していきましょう。

 

それでは。

 

 

タイの素晴らしさを伝えたい。

 

こんにちは、のすけです。

 

突然ですが、僕はタイが大好きです。

 

訳あって、社会人になってから、タイに縁ができ、

タイのことを知っていくうちに非常に好感を持つようになりました。

 

社会人になってからの3年間ですでに3回旅行で行っています。

 

今回はタイの(超個人的な)素晴らしさを皆さんにお伝えしたいなと思います。

 

タイの素晴らしさ

 

物価が安い!

 

まだまだタイは日本と比べると成長途中の国ということもあるため、

物価水準も日本と比べてだいぶ低いです。

 

500mlペットボトルの水はコンビニでも、日本円で30円くらいで買うことができます。

(ちなみに向こうのコンビニはほとんどセブンイレブンなので、

セブン=コンビニの意味で使われるようです。)

 

よく比較に使われることの多いタクシーですが、

まず初乗りは約100円ほど。

10㎞乗っても300円もかからないです。

 

1000円程払えば50㎞近く走ってくれます。

日本だったら軽く10,000円は超えるでしょう。

 

つまり、タイについてさえしまえば、

お金をあまり使うことなく楽しむことができるということですね。

 

 

食べ物がおいしい!

 

タイ料理を食べる前って、

なんかスパイシーで辛くてくせがあるんだろうなー、なんてイメージがあったんですが、

実際食べてみると、とても食べやすかった!

 

味付けも濃くもなく、薄くもなく、脂っこいわけでもないので、日本人の舌にはとてもあっています。

 

まあ、やっぱり基本的にハーブ(パクチーやコブミカン等)が入ってはいるのでそれらが苦手な人はアウトですが・・・。

 

上記のように物価が安いため、屋台とかフードコートで食べれば一食100~200円くらいですんじゃうのも大きな魅力ですね。

日本食レストランなどはやっぱりそれなりに値段はしますが・・・

わざわざタイに旅行しに行って、日本食のレストランもあまり入らないでしょう。

 

僕が特にすきな料理は、パッタイとマッサマンカレーです。

どうやらマッサマンカレーは世界のおいしい料理としてランキング1位となったようですね。

確かにそのくらいおいしかったです・・・。

 

 

年中暖かい!(暑い・・・笑)

 

僕は寒いのがとても苦手です。

他の人よりも常に厚着をしています。

 

そのため、常に日本の夏並みに気温が高いタイはすごくありがたかったです。

海やプールなんかも年中入ることができるので、マリンスポーツが好きな人なんかにはぴったりの国ですね。

 

逆に建物の中は尋常じゃないくらい冷房が効いているので、

羽織るものは常に必須ですが。

 

また、年中暖かいおかげで南国のフルーツが非常に豊富です。

そしてかなり甘いです!

 

マンゴーなんて、日本で買うと1個300円~400円くらいするわりに

固いものも結構ありますが、

タイのマンゴーは、半分くらいの値段で買えて、かつとんでもなくジューシーです。

 

一緒にマンゴーを食べた家族は、

宮崎で食べた数千円するマンゴーよりもおいしいかもしれない・・・

と言っていました。

 

他に僕が個人的に衝撃だったのは、マンゴスチン

日本じゃ滅多に食べることができないフルーツですよね。

世間一般では、「果物の女王」と呼ばれているみたいですが、

実際に食べてみて、

うん、こりゃ果物の女王だわ。って思いましたもん。

日本で食べられないのが残念でならない!

そう思うくらいとてもおいしかったです。

 

ちなみに「果物の王様」と呼ばれているドリアンも沢山タイで見かけますが、

いまだチャレンジする勇気がなく・・・まだ食べられていません。

いつかチャレンジしてみたいな・・・。

 

 

まだ3つしかあげられていませんが、タイにはまだまだいろいろな魅力があります。

このブログでも定期的にタイの情報等はアップしていきたいので、

皆様も機会があったら、是非行ってみてください。

 

航空券も時期によりますが、往復5~6万円で行けちゃうこともありますよ。

片道6時間くらいかかりますが、3連休とかで行くことも不可能ではないので、比較的行きやすい国だと思います。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

基本情報技術者の資格勉強はじめました。

 

こんにちは、のすけです。

 

僕は現在プラント業界の営業職についていることもあり、

IT系は全くの未経験者です。

 

個人的にプログラミング経験があるわけでもありません。

 

そんな、IT業界には全く縁のなかった僕ですから、

プラグラミングの勉強はじめたはいいものの、

そもそもパソコンって何?OSって何?

というレベルです。

 

プログラミング学習を進めていくうえで、そして今後IT系の会社に転職することも考えて

絶対にITの基本的な部分についての知識って必要になってくると思いました。

 

 

そこで、何か基本的な部分について、体系的に学べそうな何かないかなーと探していたところ、

友達のプログラマー

「のすけは基本情報技術者とか勉強すればいいんじゃない?」

と言われました。

 

基本情報技術者・・・?

ほう・・・、そんなものがあるのかー。

 

と思って早速調べてみたところ、

「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能、実践的な活用能力を測る」

ためのものとのことです。

・パソコンの仕組み

・ネットワークの仕組み

システム開発とは

・2進数について

などなどIT業界につくには知っておかなきゃいけない最低限の基本的な知識を測るためのもののようです。

 

ちなみにどうやら国家資格のようですね。

スキルレベルは4段階中の2とのこと。

なんのことやら・・・。

 

ともかく、少しでも自分の知識レベルの向上のため、

また、転職時に少しでもIT系志望なんだよ!ってことをアピールするためにも

始めます!基本情報技術者の資格試験勉強!!

 

 

勉強するにあたって

 

いくら、IT系の情報がネットに沢山のっていようとも、

資格勉強となるとさすがに話が別でしょうね。 

 

そのため参考書を早速買うことにしました。

 

いろいろな口コミ等を見ながら選んだのはこのテキスト。

 

 

 

イラストが沢山載っていて直感的に理解ができそうです。

 この参考書の冒頭にも書いてありましたが、

勉強を行う際は、まずは一通り読んでみて全体像をつかんでから、詳細部分に進むと理解もしやすいと思います。

 

そういった意味で、比較的読み進めやすい参考書になっていると思います。

 

 

試験について

 

基本情報技術者試験は春期と秋期の年2回開催されているようです。

 

春期は4月の第3週の日曜日に試験開催、受験申込期限は2月末くらいまで

秋季は10月の第3週の日曜日、受験申込期限は8月末くらいまで

 

今年2017年の春の募集はすでに終わってしまっているようなので、

今年の秋の試験に目指しこれから勉強すすめていきたいと思います。

 

ちなみに受験料は5700円(税込み)だそうです。

 

これから勉強をすすめていくにあたって。

 

秋季の試験は10月末なので、残りは7か月間。

プログラミングの勉強と同時並行ですすめていくので、

基本情報技術者ばかりの学習をするわけにもいきません。

 

一日30分は勉強時間確保するとして、

30分×7か月×30日=6,300分=262.5時間

の時間が確保できることとなります。

 

いろいろネット等で見ていると、

事前知識がない状態での資格取得までの勉強目安時間 は約200時間程とのこと。

 

・・・いける!!

 

というわけで、10月の試験目指して頑張っていきたいと思います。

Kindle買ったら読書生活が捗りだしたよ!!

こんにちは、のすけです。

 

以前からずっと欲しい欲しいと気になっていた、Kindle...。

プライムビデオ目的でアマゾンプライムに登録したのをきっかけに購入してみました。

 

購入したのは、こちらのKindle!!

 

俗にいう、Kindle無印ってやつですね。

一番安いモデルで、ライトなんかがついていないやつです。

 

さて、使ってみての感想はと言うと...

 

なんでもっと早く買わなかったんだろう・・・!!

僕のこれまでの読書生活はなんだったんだろう・・・(言い過ぎ)

 

 とにかくとてもいい買い物ができました。

 

 

Kindle買ってよかったこと!!

 

1.沢山の本を一度に持ち運ぶことができた!

 

やっぱり、電子書籍の一番のメリットはこれじゃないかなと個人的には思います。

 

本はやっぱりかさばりますよね。

文庫本・新書ならまだしも、ハードカバーの本などについては、

一冊持ち歩くだけでかばんぱんぱんでしょう。

そもそもあまり持ち歩く気になりませんよね。

文庫本・新書についても、持ち歩けてもせいぜい2,3冊といったところではないでしょうか。

 

それに引き換え電子書籍といったら、

容量次第で何冊でも持ち運びをすることができます。

 

どうやら一般的な本であれば、1000冊近く入るようなので、

実質無限に持ち運べることが可能ですね。

 

2.カバンが軽くなった!!

 

基本的に、僕はこれまで常にその日読みたいなと思っていた本を

カバンに入れていました。

気分によっては、2冊とかいれていたりもしました。

それも文庫本に限らず、ちょっと厚めや、大きめの本も

普通に持ち歩いていたため、まあカバンが必要以上に重くなってしまってました。 

 

それが、Kindleの場合、端末1つで済むわけですから

かなり身軽になりましたね。

Kindle事態が文庫本一冊とそこまで重さも大きさも変わらないので。

 

3.電車の中で読みやすくなった!

紙から電子書籍になったことで、ページを「めくる」という作業がなくなり、

変わりにタッチすることでページを「おくる」という作業になりました。

 

ここが好き嫌いが分かれる点かもしれませんが、

ここはかなりのメリットが生まれました。

 

それは、片手で読めることです。

 

そのため、立っている状態でもつり革につかまりつつ、

もう片方の手で、ページを送るということができるようになりました。

 

紙の本も片手で読むことは可能ではありますが、正直疲れます。

たまに2、3ページまとめてめくってしまう時もあり、結構ストレスですしね。

 

さらに片手のタッチだけで動作が終わるため、混んでいる中でも読みやすいというのは

特に通勤電車内ではとても便利です。

 

 

Kindle買って2か月目くらいですが、

とてもいい買い物をしたと思っています。

 

特にサラリーマンの方々にはおすすめです。

 

アマゾンプライム会員ならクーポンが使えて

最安価格で5,000円くらいから帰るので、

今すぐアマゾンを覗いてみるだけ覗いてみてもいいかもしれませんね!

 

 

何故、メーカー勤務の僕がエンジニアを目指そうと思ったのか。

はじめまして、のすけと申します。

 

タイトル通りですが、僕は今某メーカーにて営業職として働いています。

今年で3年目で、そろそろ新人気分も抜けてきたところですかね。

 

そんな僕ですが、現在IT系エンジニアとなるため日々勉強中です。

 

普段の業務は、メーカーの営業職ということで

パソコンやITのことは全然詳しくない状態です。

 

そんな僕が何故、ITエンジニアを目指そうと思ったのか。

 

サラリーマンのまま働いていると何も身につかない・・・!?

毎日会社に行き、やることをこなし、終わったら家に帰る。
そんな毎日を繰り返してるなかで、ふと
「果たしてこの3年間で自分は何を得ることができたのだろうか。」
と思いました。
 
今まで自分がやってきたことは、決まったお客さんに
会社のルールの中で営業を行なうということ。
 
じゃあ、もし自分が違う会社にいったら?
 
多分今のやりかたは通用せず、また新しい方法を学ぶ必要があるのではと思いました。
 
さらに、僕が今いる会社は古い会社です。
 
このままこの会社の中でしか仕事をしていかないのは非常にまずいのではないか、
そう思うようになり、外でも通用する技術・スキルを持ちたい!
と思ったことがエンジニアを目指そうと思ったきっかけです。
 
今後は、エンジニアになるまでの記録等をメインにこのブログは進めていきたいと思います。
 
どうぞよろしくお願いします。