好きなことを仕事にするために 「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」

こんにちは、いのです。

 

皆さんは堀江貴文さんに対してどのような印象を持っていらっしゃるでしょうか。

 

「天才経営者」「時代の最先端をいっている」「若者の希望」

のような感想を持っている人から

守銭奴」「金の亡者」「自己中心的」

のようなネガティブな印象を持たれている方もいるかと思います。

 

日本でもここまで賛否両論な人はなかなかいないんではないでしょうか。

 

 

ただそんな堀江さんに対するイメージも「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」を読むとかなり変わるかもしれません。

 

 

そもそも、あれだけ能力のあるビジネスマンであり、収入も一般人を大きく超えているであろう人が、十分稼いだからといって引退することなく、今でもばりばりと誰よりも最前線で働いていることこそが彼が、お金のために働いていないことの何よりの証明になるのではと思います。

 

確かにメディアでの発言は一般からすると尖ったものが多く、それゆえにあまりよくない印象を持たれがちですが、

この本を読むと、その発言も実は周りのことを考えての発言ではないのかと思ってしまいます。

(だとしてもかなりの辛口ですが。。。)

 

堀江さんを盲目的に信仰している方も、あまりよくない印象を持っている方も、この本を読むと「あれ、意外と普通の人なのかもしれない」と思うかもしれません。