逆説の説得力

 

逆説的な表現というのは時として非常に大きな説得力を生み出す。

 

例えばゼクシィ。

ゼクシィと言えば、誰もが知ってる結婚情報サービスである。

もちろんゼクシィ側からすれば、結婚する人が多ければ多いほどビジネスにつながっていくため、世の中の人がいかに結婚するかを考えていく必要がある。

 

その中でゼクシィが行なったことの1つ。

下のキャッチコピーを使ったCMを流した。

 

「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」

 

なんとまあ、見事なキャッチコピーである。

 

決して、「結婚したら幸せになれるから結婚しよう!」と単純なことは言っていない。

逆説的な表現にもなっている。

 

しかし、どうだろう。

そんなことを言われると、どこかで「よし、私も結婚しよう!!」などという気持ちが沸き起こってこないだろうか。

 

これがもしも

 

「結婚って本当に素晴らしいよ。好きな人とずっと一緒にいれるし、もしかしたら子供ができることもあるかもしれない・・・。辛いことも苦しいこともきっと待っているけど2人だったらそんなものも乗り越えられる!結婚こそが幸せ!!さあ貴方も結婚しようよ!!」

 

という風に言われたら、

 

「は?別に今の時代、いくらっでも娯楽なんかあるんだし、一人でいても全然楽しいし。幸せになんか簡単になれるし。てかむしろこの時代に結婚って(笑)お前の頭は旧石器時代かよ(笑)」

 

なんて反論されかねない。

 

しかし、

 

「確かに今の時代、ネットも発達していてSNSなんかもあるから誰とでもいつでも繋がれる。そんな時代において、わざわざ結婚なんて手段を選ばなくても、寂しい思いはしないだろうし、楽しいことはいっぱい見つかる。幸せにだってなれるかもしれない。でも、そんな時代にいるからこそ、結婚を形式的なものではなく!!本当に愛する人を暮らしたいと言う気持ちだけで!!私は結婚を選ぶ!!!」

 

という風に言われたら、どこか説得力がわいてこないだろうか。

というより、熱い何かが込み上げてこないだろうか。

 

 

逆説的な表現には大きく2つの効果があると思っている。

 

まずひとつは、先に欠点を自分で言ってしまうことによって、相手からツッコまれるのを防ぐということ。

「結婚することが幸せ」と言おうものなら、「別に結婚以外にも幸せはあるし」という

ツッコみが必ず入る。そういうものである。

しかし、「結婚することで幸せになるとは限らない、しかし私は結婚を選ぶ!!」と言われたらもう何も言いようがない。よくも悪くもだったら勝手にしてくれと思うだろう。広い意味での予防策のようなものだ。

 

もうひとつは、そこになにか大きな真理がありそうなことを匂わせることができるということ。

「結婚自体に意味はない、でもそれでもあえて私は結婚する!!」ということで、結婚することに意味はないと言っておきながら、実はそこに大きな意味があることを匂わせることができる。誰もまだ到達していないような重要な意味。そう、真理があるのではないかと。

ここで、別に本当に意味があるかどうかは大して問題ではない。そう思わせることができるということが重要だったりする。

 

ここまで考えると、やっぱり

 

「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」

 

というキャッチコピーはとても秀逸だなと思う。

さすがゼクシィ。さすがリクルート

 

 

・・・と思っていたが、同じような表現技法を使った超有名人が過去に存在していた。

 

その名もサルトル

教科書にも載っているため誰もが一度は名前を聞いたことがあるだろう。

 

彼は、

「人生に意味などない」

と考えながらも、

「でもだからこそ社会的な運動(これがよく聞くアンガージュマンということだが)に参加しようではないか!!」

と訴えていたようである。

 

こう言われると何か熱いものが込み上げてくるだろう。

 

(この辺りの説明については飲茶さんの「14歳から哲学入門」という本にこれでもかというほどわかりやすく書いてあるので、気になった方はぜひ読んでみてほしい。)

 

 とまあ、逆説的な表現方法を使うと、非常にお手軽にそれもなんとなく頭よさそうな感じで発言することができる。

(例)

「この案件に取り組んでも大したリターンはないと思われます。でもだからこそあえて取り組む意味があるんじゃあないでしょうか。」

「ボランティアなんて、結局何も自分に返ってこないし、ただの自己満足でやっても意味ないよ。でもだからこそやることに価値があるんじゃないだろうか。」

 

ただ使い方を間違えるとただの意味不明な言い訳になってしまうので、それは気をつけてほしい。

(例)

「勉強なんてしたほうがいいに決まっているし、とても大事だ。でも!だからこそ!私は勉強なんてしない!!!」

「恋人なんていたほうが楽しいに決まっているし、いつでも作ることができる。でも!だからこそ!恋人なんていらない!!」

 

↑超おすすめな本。哲学って気になってたんだよね、という人は是非読んで見てほしい。