体調管理も仕事のうちっておかしくない?

 

っていう意見いい加減飽きてません??(笑)

 

Google先生で、「体調管理 仕事」って調べると、今や、

「体調管理も仕事のうち!」

という内容よりも、

「体調管理も仕事のうちというのはおかしい」

「体調管理も仕事というのならば、その時間も給料をよこせ」

「インフルエンザでバイオテロおこしてやろうか」

などなどの内容が上位に来ている。

 

まあ、確かにその意見も分からないでもない。

 

確かに

「体調管理も仕事のうち」

という文字面だけ見ると体調管理と仕事という一見性質の別々なものがつながっているため、それはおかしいでしょ、と感じてしまう。体調管理はあくまで自分の中のことだからだ。

 

これが、

「経費精算も仕事のうち」

「社内業務も仕事のうち」

だったらしっくりくる。経費精算や社内業務は業務と直結しているのが想像できるからである。

 

ただ、この表現の問題は、単に労働者はもっと権利を持つべき!とかパワハラ反対!とかそんな古い習慣やめて新しい流れにのろうぜ!とかそんな単純なものではないと感じている。

ここに根本にあるのは、やはり前回同様「仕事とは何か。」という認識が統一されていないがゆえに起こっており、つまり、日々のどこまでを仕事と定義し、どこから非仕事とするかという問題だと思う。

 

もし、「体調管理も仕事のうち」と言われたことに対して、「は、意味わかんないし!!んじゃ金をくれ!!」っていうような人々はおそらく、仕事=給与をもらうためだけの手段として定義しているのかもしれない。

「確かにその通りだな、他の人にも迷惑かかるし。。。。」なんて感じる人は、仕事=周りの人と協力することのような捉え方をしているかもしれない。

また、「体調管理も仕事なのは当たり前!いいパフォーマンスを常に発揮できる状態にしておくことが大切!」と考える人は、仕事=生活とまでなっているかもしれない。

ここで重要なのは、全てが個人個人の価値観から導きだされている考えなので、そこに良いも悪いもないということだ。

 

つまり「対象管理が仕事のうち」という表現は特に問題ではない。

仕事という定義がお互いにされておらず、宙に浮いている状態で安易に仕事、仕事といっていることが問題なのである。そのために、不満が募り、ストレスに満ち溢れる状態に陥ってしまっているような気がしてならない。

そして、この問題は過剰労働、残業問題などにも当てはまってくると思っている。

 

自分が少しでも、仕事環境についておかしいと思っていたら、不満をぶつける前にとくにかく一度、仕事とはそもそも一体全体なんなのかということも考えてみたらなかなか興味深いかもしれない。